×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライトオンの企業情報:就職編情報!

ライトオンの企業情報:就職編

カテゴリー :ライトオン 企業情報

ライトオン企業情報は、ライトオンにアルバイトや社員で就職しようと思っている方にとっても重要な情報のひとつです。

ライトオンの就職情報はライトオンの公式サイトでもチェックができます。この就職情報からも企業情報の詳細へ飛ぶことができますよ。

それ以外では新卒採用だとリクルートの就職サイト「リクナビ」でライトオンの企業情報を見ることができます。

公式サイトの企業情報に比べると、リクナビのライトオン情報は学生向けということもあり、わかりやすく楽しそうですね。

きれいな写真を多用して、イメージで会社というか店舗をわかってもらおうとしていますし、大卒や短大卒の先輩で若手のリーダー達に登場してもらい、会社や店舗の内側までなるべく詳しく生の声で伝えようと努力している点が評価されます。

入社後2年や3年で店長などの要職についている新卒が結構いるので、頑張った人はしっかりと評価される会社なのだと思います。

こういったライトオン内部の生の声から伝わる企業情報は、単に数字を並べただけの企業情報よりも良いと思います。

コラム > ライトオンの企業情報:就職編について書かれています。

ライトオン ジーンズの数は日本一?

カテゴリー :ライトオン ジーンズ

ライトオンって少し前には街のジーンズショップっていうイメージでしたよね。ビルの中にあまり大きくない店舗を構えていて、普通のジーンズやカジュアルウエアを置いていたっていうイメージ。最近郊外に大きな店舗を続々と進出させ、商品のアイテムも増えてなかなかいい感じになってきたような気がします。
子供服を扱っているMpsはオリジナリティー豊かでアメリカンカジュアルの代名詞にまでなっている感じだし、自社ブランドのフラシュリポートはなかなかセンスがいいと思います。それに比べるとジーンズショップの域を出られないライトオンはもう一工夫欲しい気がします。
ジーンズ種類が豊富で、リーバイス、エドウィンなどはもちろんのこと、輸入品の高級ジーンズなんかを取り揃えて、ジーンズの品数はきっと日本一だと思います。ただ、オリジナリティーにかけるので、高級なジーンズも、なにもライトオンで買わなくてもいいよな、っていうことになりかねないので、キッズブランドのようなポップなイメージのものや独創性に富んだものをおいてほしいなと思います。どちらにしても欲しいジーンズが探さなくても手に入るっていうのは嬉しいことですね!

コラム > ライトオン ジーンズの数は日本一?について書かれています。

ライトオンの企業情報:裏情報はどうやって?

カテゴリー :ライトオン 企業情報

ライトオン企業情報は、東証一部上場企業なので基本的に公式サイトや報道などのプレスリリースですべて手に入れることができます。

ただ、企業からの情報というのはどうしても企業にとって「良い情報」がほとんどであり、ライトオンの企業情報もやはり会社側からの一方通行がメインではあります。

また、上場企業からの業績報告などは正しい数字を報告するのが当たり前なのですが、過去に多くの企業が粉飾決算ということで決算をごまかしたりしたこともありましたね。

こうなると企業情報は、企業側が悪い情報を隠すだけでなく、悪い情報を良い情報に変えて発表することもあるというわけです。

ライトオンではそういった悪い企業情報の話はあまり聞きませんが、業績に関してはこまめに修正をかけていて、業績予測なども下方修正をキチンとしていますから、企業情報の信頼度としては良い方だと思っています。

それから、ライトオンのような店舗ビジネスを展開する会社の企業情報は、現場にアルバイトなどの非正社員が多いこともあり、比較的オープンになりやすいですね。良いことも悪いこともクチコミであっという間に広がるのがこういった企業の特徴です。

店長とスタッフとの距離も近いので、隠せない企業情報が多いとも言えます。

コラム > ライトオンの企業情報:裏情報はどうやって?について書かれています。